株式会社サーモ理工
ごあいさつ
   熱の専門技術で未来をひらく 「熱」この課題に取り組み、1982 年以来一貫して新材料物質の研究開発に欠かせない「熱処理 機器」の開発を進めて来ました。赤外線の持つ優れた特性を利用した、赤外線導入加熱装置は 真空中新材料物質の「クリーン加熱方式」として大変注目され、全国の大学・高専、国・公立試験研究所、民間研究開発部等に数多くご使用頂いております。 また、電気通信大学、名古屋工業大学、産業技術総合研究所と共同開発を進めてまいりました。会社の規模は大きくありませんが、最先端熱技術専門のオンリーワン企業です。
代表取締役 遠藤 智義 
会社概要
社名 株式会社サーモ理工
業種 熱処理機器
設立 1982年04月08日
資本金 1,000 万円
社員数 10人
売上高20,000万円
所在地 〒 181-0013 東京都三鷹市下連雀 8-7-3 MHCビル303A
TEL 0422-76-2511
FAX 0422-76-2514
E-mail sekigai@thermo-r.co.jp
URL http://www.kagaku.com/thermo/


事業内容
 研究、実験用熱処理機器の開発、販売

製造品目
 赤外線導入加熱装置、赤外線真空炉、 均温熱処理装置及び超高温・超高速熱処理装置

主要取引先
 <大学>
    東北大学、東京大学、東京工業大学、武蔵工業大学、電気通信大学、
    横浜国立大学、名古屋工業大学、大阪大学、京都大学、北陸先端科学技術大学院大学、高知工科大学
   <研究機関>
    (独)産業技術総合研究所、(独)科学技術振興機構、(独)日本原子力研究開発機構、
    (独) 物質・材料研究機構、(独)宇宙航空研究開発機構、(独)情報通信研究機構
   <企業>
    日本電気(株)、(株)東芝、日本電信電話(株)、ソニー(株)、(株)日立製作所、リガク(株)、日本電子(株)
   <海外>
    英国、アイルランド、台湾、中国、韓国

会社沿革

1982年04月 資本金200万円で東京都練馬区関町に創立し、熱処理機器の開発・販売を開始
1988年03月 新加熱方式を採用した赤外線導入加熱装置(GV型)を開発。特許申請
1991年7月 東京都新製品開発助成を受け、高真空赤外線加熱装置を開発
1993~1996年 電気通信大学と赤外線加熱に関する共同研究
1994年07月 東京都新製品開発助成を受け、熱衝撃試験装置を開発
1995年06月 資本金1000万円に増資
1996年06月 東京都から創造活動促進法の認定
1996~1999年 名古屋工業大学と共同研究
1997年08月 本社を三鷹ハイテクセンターに移転
2000年11月 三鷹市工業振興事業の助成を受け、小型赤外線真空炉を開発
2002~2003年 経済産業省「地域新生コンソーシアム研究開発事業」に採択超高温・超高速熱処理装置を(独)産業技術総合研究所らと共同研究で開発
2003年12月 アイルランドトリニティ大学に赤外線導入
加熱装置を納入
2003年03月 東京都中小企業振興公社の新製品開発事業の助成を受け、超高速・均温熱処理装置の開発
2007年02月 東京都中小企業振興公社と同様の助成を受け、超高温・超高速加熱装置を開発
2007年04月 「“熱技術”25年の歩み」発刊
2008年09月 日本貿易振興機構の輸出有望案件発掘支援決定を受ける
2009年08月 台湾NSRRCに赤外線導入、加熱装置を納入
2010年06月 経済産業省中小企業ものづくり/特定研究開発計画認定
2012年04月 「“熱技術”30年の歩み」発刊
2012年12月 東京都より経営革新計画・海外市場開拓の承認
2013年01月 イギリス・リバプール市にサーモ理工総代理店JVTを設立
2013年03月 台湾真空学会:真空科技2013、Vol.26.No1 熱技術論文掲載

前のページへ戻る